転起力


6時起床。「たるんできたんじゃないかい?」と思われた人もいるかもしれませんが、第二土曜ってうちの事務所定休日なのです。まあ、この仕事だと定休日とかあんまり関係ないですけどね・・・  
もちろん二日間の大阪出張でたまった仕事を片付けに、今から仕事場に行きますが・・・


島田洋七氏の講演で思ったことをいくつか。

さすが、しゃべりのプロ。所要時間90分くらいだったが、随所の笑いとマシンガントーク、興味深いエピソード(全部実話なので説得力あり)で本当に20分くらいしか感じなかった。500名近い参加者であふれる会場が、笑いの渦に巻き込まれて、まさに「会場がひとつになる」雰囲気。

あと、「Face to face でのコミュニケーションには何もかなわない」ということ。

講演後サイン会に並んで最新刊「転起力」を購入し、昨日一日で一気に読んだ。 講演内容でふれたこともいくつかでてきたが、あれほどの臨場感がない。

もっと単純に言うと、講演では爆笑したフレーズが活字になると、「クスッ」くらいで止まってしまう。

これが「face to face」…生の臨場感なんでしょうね。島田氏のしゃべりの間、トーン、話の前後関係、表情全てが作用して、「人を笑わせるオーラ」を出していくということなんでしょうか。

このことは私の仕事にもあい通じるものを感じました。

講演は有名な「佐賀のがばいばあちゃん」とのエピソードを主軸に、島田氏の半生記、といった構成でした。これも雑記長に記したメモを見返したからいえる訳であって、講演中は2分おきくらいに爆笑しているので、全体構成などは気がつかなかったのですが。

前述の通り、活字にしても今ひとつ臨場感がないのですが、印象に残ったフレーズをいくつか。

(がばいばあちゃんとのやり取りで)
島田少年「ねえ、ばあちゃんは何でそんなに前向きなん?」
ばあちゃん「だって、後ろには歩きにくかろうが!」

「お腹を空かせて食べたら何でも高級品や」

「日本はいい国だ!何よりも四季があって、季節の移り変わりを感じられるのがいい。スウェーデンが社会保障が完備されてるからいい?あそこなんか一年中冬やで。バリ島がいい?あそこなんか1年中夏やで。ずっと初盆や!」

「本当の優しさとは他人に気づかれずにやること※」

※このフレーズを実感させるエピソードが本にいくつか載っています。機内で読んでたらぐっとと来て涙が溢れました。

よかったら、最新刊読んでみてください。

「転起力。」~人間「島田洋七」から何を学ぶのか
創映社/三省堂出版  
定価1,500円+TAX
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

酒匂 信次

Author:酒匂 信次
さこうのブログへようこそ!

鹿児島の保険代理店・AFP・アマチュア打楽器奏者、酒匂信次(さこうしんじ)のブログです。

二児(女の子)の父です。

趣味は仕事…… いえ …音楽、ビール(趣味?)、温泉あたりです。

みなさまにお役立ち情報を発信したい!との思いで開設しましたが、温泉や飲み屋情報に終わるかもしれません…

よろしくお願いします。

2012年3月7日、勤務先である(有)酒匂保険事務所のホームページ開設に伴い、本名表記に変更しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
専門家ガイド マイベストプロ鹿児島
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR